メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「特定技能」ベトナム人2組が挙式 本国の親族はオンライン参加 北海道・士別

結婚式で並ぶロンさん(右から2人目)、フェンさん(同3人目)のカップルら。両端は今井会長夫妻=北海道士別市で2020年8月1日午後4時38分、山下智恵撮影

 「特定技能」の資格で北海道士別市で働く2組のベトナム人カップルが1日、市内で結婚式を挙げた。5月に予定していた帰国が新型コロナウイルスの感染拡大でかなわず、本国の親族はオンラインで式を見守った。特定技能の外国人同士の結婚は珍しく、関係者は「地域の活性化につながれば」と期待を寄せる。

 4人はグェン・ハイ・ロンさん(29)とドァン・ディ・ゴック・フェンさん(32)、チュン・ティ・キム・ゴックさん(24)とライ・ヴァン・チョンさん(29)のカップル。技能実習生として2015~16年に来日し、19~20年に将来は永住も可能な資格として新設された「特定技能」を取得した。市内の「かわにしの丘しずお農場」で食肉加工やレストランの仕事、農作業などに従事している。

 新婦のフェンさんとゴックさんは同農場の技能実習生採用第1号で、ロンさんとチョンさんが後に採用された。実習中に日本語で運転免許を取るなど4人とも努力を重ね、昨年婚約。5月にベトナムで結婚式をするつもりだったが、コロナの影響で難しくなったため、「日本の父」と慕う「しずおグループ」の今井裕会長(69)の提案で4人一緒に日本で挙式することになった。

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  2. 新型コロナ 大阪府、初の「赤信号」 重症病床切迫、外出自粛要請へ

  3. クローズアップ 「脱ガソリン」政府号令 30年代半ば、従来車禁止 「脱HV」の土俵乗らず

  4. 安倍前首相本人に任意聴取を要請 「桜を見る会」前夜祭 東京地検特捜部

  5. 「大阪モデル」初の赤信号点灯決定 知事15日まで外出自粛要請へ 学校は継続

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです