ヘルパーに感謝「これからも一生懸命生きる」 わたぼうし音楽祭 大賞の太田さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
特設ステージからインターネットで動画配信する音楽祭の関係者ら=奈良市内で2020年8月2日午後2時30分、加藤佑輔撮影
特設ステージからインターネットで動画配信する音楽祭の関係者ら=奈良市内で2020年8月2日午後2時30分、加藤佑輔撮影

 障害のある人たちが夢や思いを込めた詩に、曲を付けて歌う「45周年記念わたぼうし音楽祭」(奈良たんぽぽの会主催、毎日新聞社など後援)が2日、初のインターネット動画配信で開催された。わたぼうし大賞に輝いた「やさしい時間」は、肢体不自由の東京都町田市・太田純平さん(29)の詩に、西東京市・古賀聡子さん(50)が曲を付けた。この日は、古賀さんが動画上でキーボードを弾きながら歌を披露し、太田さんがインタビューで出演。画面の向こうの観客に思いを届けた。【加藤佑輔】

 わたぼうし音楽祭は1976年から開催。毎年、主に奈良県文化会館(奈良市)で開かれてきたが、今年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で、初めてインターネットの動画配信を利用しての開催となった。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文660文字)

あわせて読みたい

注目の特集