「内地の人には負けたくない」いつも故郷沖縄思い 故・比屋根毅さん

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2008年に、ケーキへの思いを語っていた比屋根毅さん=兵庫県尼崎市で、森園道子撮影
2008年に、ケーキへの思いを語っていた比屋根毅さん=兵庫県尼崎市で、森園道子撮影

 6月4日に82歳で亡くなった洋菓子メーカー「エーデルワイス」(本社・神戸市)の創業者で会長の比屋根毅(ひやねつよし)さんは、洋菓子文化を戦後日本の生活に浸透させ「業界の父」と呼ばれていた。強い思いを寄せていたのは故郷沖縄と創業の地・尼崎。亡くなって2カ月になるのを前に、長男で同社社長の祥行(よしゆき)さん(58)に思い出などを聞いた。【岸桂子】

この記事は有料記事です。

残り922文字(全文1096文字)

あわせて読みたい

注目の特集