生かせなかった“原爆搭載機情報” 96歳「広島に空襲警報出せていたら」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「原爆を搭載した米軍機の動きを日本軍はつかんでいた」と証言する長谷川良治さん=滋賀県野洲市の長谷川さん宅で2020年7月16日午後2時40分ごろ、高田房二郎撮影
「原爆を搭載した米軍機の動きを日本軍はつかんでいた」と証言する長谷川良治さん=滋賀県野洲市の長谷川さん宅で2020年7月16日午後2時40分ごろ、高田房二郎撮影

「V600番台」部隊進出、諜報任務でつかむ

 第二次世界大戦が終わりに近づいた1945年8月6日、日本に向かう米軍の原爆搭載機の動きを察知しながら、組織内で情報が生かされなかったと悔いる元日本軍兵士がいる。「つかんだ情報を基に、もし投下前に空襲警報が広島に出されていれば、助かった命があったかもしれない」

 滋賀県野洲市の元小学校長、長谷川良治さん(96)。戦争末期に旧陸軍参謀本部直轄の諜報(ちょうほう)部隊、特種情報部で見習士官として勤務した。

この記事は有料記事です。

残り1081文字(全文1303文字)

あわせて読みたい

注目の特集