メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

来夏の東京パラリンピック、8月24日から13日間 競技日程と会場が確定

開幕を待つ国立競技場(中央)=東京都新宿区で2020年5月26日午後2時39分、本社ヘリから

 東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け1年延期されるパラリンピックの競技日程と会場を発表した。今夏に予定されていた当初の計画から大きな変更はなく、2021年8月24日から9月5日までの13日間で、22競技539種目を東京、千葉、埼玉、静岡の1都3県、計21会場で開催する。

 組織委は東京五輪と同様、すべての競技会場を確保した。競技日程は当初と同じ曜日にそろえるため、当初計画の8月25日開幕から1日ずつ前倒しした。延期決定前に策定した暑さ対策に伴う競技スケジュールの変更は踏襲する。札幌に移転した五輪と異なり東京で実施するマラソンは、30分早めて午前6時半にスタート。トライアスロンの開始時刻も早め、馬術でも競技日数を1日増やして最も暑い時間帯を回避する。

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文443文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  2. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです