連載

focus プロ野球

あのヒーローはどんな選手? あのプレーの意味は? プロ野球のホットな話題を幅広く取り上げます。

連載一覧

focus プロ野球

6球団で抑え入れ替わる異常事態 相次ぐ守護神離脱の要因は?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
救援失敗が続き、7月下旬から中継ぎに配置転換されたDeNAの山崎=沖縄県宜野湾市で2月4日、細谷拓海撮影
救援失敗が続き、7月下旬から中継ぎに配置転換されたDeNAの山崎=沖縄県宜野湾市で2月4日、細谷拓海撮影

 今季のプロ野球は多くの球団で抑え投手が苦戦している。開幕から約1カ月半が経過した時点で、セ・リーグでは5球団で抑えが入れ替わり、パ・リーグでも楽天の森原が不振で2軍に降格した。指導経験豊富な野球評論家は、異例の事態の背景には、開幕遅れに伴う調整不足や、絶対的存在としてかかる重圧の大きさがあると指摘する。

 象徴的なのが昨季まで2年連続でセのセーブ王に輝いたDeNA・山崎だ。本来の姿に比べると直球の球威が今ひとつ。低めのボールになる得意のツーシームを見極められ、甘く入った球を痛打される場面が目立つ。

この記事は有料記事です。

残り1003文字(全文1254文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集