メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神 水野敬也さん 余命わずか、幸せとは

『夢をかなえるゾウ4』の著者、水野敬也さん=東京都港区で2020年6月30日、屋代尚則撮影

 ■夢をかなえるゾウ4 ガネーシャと死神 水野敬也(みずの・けいや)さん 文響社・1738円

 2007年から続くベストセラーの第4弾となる新作である。迷える人の元に、なぜか関西弁を話すゾウの神様「ガネーシャ」が現れ、夢を実現するための課題を与えていくという小説形式の自己啓発書。今作では、病気で余命わずかと宣告され、絶望の淵に立たされた男性が登場する。特に、東日本大震災を機に「自分もいつかは死を迎える。それまでに何ができるか」を考え続けてきたといい、重いテーマを一つの形にできたことに、ほっとした表情も浮かべる。

 ガネーシャは、日本地図を初めて作製した伊能忠敬やマイクロソフト創業者のビル・ゲイツら、古今東西の偉人の言葉や逸話をひいて教えを説く。物語の展開に沿う逸話を調べるため、図書館に通い詰めるなど、徹底して文献にあたった。今回は、ダーウィンが7人の子供に資産を残すために財テクに精を出したとの話も登場。「病弱の子らを救うという切実なエピソードなら、死の恐怖におびえる相手でも、聞く耳を持つだろうと」

この記事は有料記事です。

残り464文字(全文917文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  2. ORICON NEWS 映画『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』興収15億円突破 週末ランキング6週連続TOP5

  3. 大阪市4分割ならコスト218億円増 都構想実現で特別区の収支悪化も 市試算

  4. 特集ワイド 首相、答えよ 田中真紀子元文科相×村上誠一郎元行革相 すり替え、安倍さんを踏襲/異論封じ込め「恐怖政治」に

  5. 自転車であおり、初逮捕へ 「桶川のひょっこり男」妨害運転容疑 埼玉県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです