メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Interview

佐藤玲 映画「ドンテンタウン」で主演 役に共感、素に近い演技

佐藤玲さん=梅村直承撮影

 曇りの天気が続く街を舞台に、カセットテープに吹き込まれた声を軸に展開していくファンタジー映画「ドンテンタウン」。主演した佐藤玲(りょう)は「演じた女性が自分自身のようだった」と語る。

 演じるシンガー・ソングライターのソラは、周囲の求める自分の曲と、本人が考える自分らしさとのギャップに悩み、書けなくなっている。ソラはそんな状況から逃げるように引っ越してきた団地の部屋で、前の住人が残した大量のカセットテープを見つける。聴いてみると、贋作(がんさく)画家のトキオ(笠松将)が日記のように吹き込んだ心の声が録音されていた。物語はその後、ソラとトキオが出会い、ひと夏を過ごす様子が描かれるのだが、それが現実なのかソラの想像の世界なのかは観客の解釈に委ねられる。

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文1064文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 首相「少々失礼じゃないでしょうか」 蓮舫氏「言葉が伝わらない」批判に気色ばむ

  2. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  3. ORICON NEWS 山口百恵“伝説の引退コンサート”1度限りの再放送決定 若い世代も感動

  4. 自公、幹部の銀座クラブ出入りで危機感 野党「店罰して議員罰しないのは言語道断」

  5. 新型コロナ・私権制限をどう見る 「政府の責任だけではない」 危機管理の観点で見た第3波 先崎日大教授

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです