メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

美食地質学入門

第27講 イカ 海流と砂、イカした玄界灘

五島列島剣先イカのフレンチ。(右下から時計回りに)イカそうめん、セート風煮込み、ファルシ、パン粉焼き、軽いくん製、コンフィの3種=大阪市阿倍野区で2020年7月21日、菱田諭士撮影

 イカのおいしい季節になりました。数年前に呼子(佐賀県唐津市)で食べたイカのいけづくりが忘れられません。その呼子のイカが九州の南北分裂と大いに関係があるというから、食べずには、いや探らずにはいられない。

 ■7~8月は最盛期

 呼子は流れが速い玄界灘に面していて、古くから良港として知られていた。海産物を中心にした朝市が有名だ。呼子のイカとは剣先イカのことで、7~8月が漁の最盛期だ。

 透き通ったイカは呼子で初めて食べた。日本料理の大引伸昭先生に聞いてみよう。なんで呼子のイカはうまいんですか?

この記事は有料記事です。

残り2288文字(全文2533文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』駅弁販売 JR九州とコラボで特産品使ったメニュー グッズも発売へ

  2. 大阪・梅田HEP FIVEから高校生転落し死亡 路上の10代巻き添え意識不明

  3. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  4. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  5. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです