メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爆発の飲食店 2年前に法令違反 消防が指導、改善されず /福島

和食料理店「みのる」で消火器の位置や可燃物の有無などを確認する消防本部員と大川原良夫社長(左)=福島県郡山市亀田で

 郡山市島2の大手飲食チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」郡山新さくら通り店で発生した爆発事故を受け、郡山消防本部は3日、同市など管内4市町の他の飲食店約280軒に法令違反がないかどうかを確認するため緊急の立ち入り検査を始めた。消防本部は2018年に同店の消防法違反を指摘したが、改善されないまま、1人が死亡し19人が重軽傷を負う大惨事が起きた。【磯貝映奈】

 消防本部によると、同年12月に実施した同店の立ち入り検査で、防火管理者の選任や消防計画の作成を怠っていたほか、消防訓練を行っていなかったり消防設備の点検結果を書面で報告していなかったりという複数の消防法違反を指摘したが、店側は改めていなかったという。同店の運営会社「高島屋商店」(いわき市)の新妻勝人社長は毎日新聞の取材に対し「店側からは消防から違反を指摘されたとの報告もなく、把握していなかった」…

この記事は有料記事です。

残り465文字(全文841文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  3. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  4. オリックス山崎福 「緩急はまった」充実の3勝目 好けん制にも助けられ

  5. 「ミルクボーイ」の内海さん、新型コロナ感染 駒場さんも自宅待機

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです