メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

留学生に文具と米 土浦市国際交流協会、コロナ支援 /茨城

土浦市国際交流協会の藤田佑子会長(左から2人目)から寄贈品を受け取る留学生の代表者=茨城県土浦市のアール医療福祉専門学校で

 土浦市国際交流協会は、新型コロナウイルスの影響で生活が困窮している留学生を支援しようと、アール医療福祉専門学校(同市湖北2)に対し、留学生50人分のノートや筆記用具、米などを寄贈した。

 同協会などによると、感染拡大の影響で留学生のアルバイトが減少している。そこで会員からの寄付金11万6500円で、文房具と米(1人当たり1キロ…

この記事は有料記事です。

残り246文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NTT、ドコモ完全子会社化 4兆円TOB検討 グループで5GやIoT促進

  2. あらわになる菅首相の経済ブレーン 「スガノミクスの指標」経済界注目

  3. 安倍前首相「新薬で体調良好」 細田派パーティーに出席 辞任後初の公の場

  4. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

  5. 「アベノマスク」単価143円の記述 黒塗りし忘れか、開示請求で出した文書に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです