メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

伊勢湾の漂流物、9日間で1年分 7月豪雨影響 /岐阜

伊勢湾で清掃船に回収された流木などの漂流物=中部地方整備局名古屋港湾事務所提供

 中部地方整備局名古屋港湾事務所は、飛驒地方で大きな被害の出た7月豪雨の影響で河川から伊勢湾に流れ込んだ流木などの漂流物の回収量が、9日間で242立方メートルに上ったと明らかにした。260立方メートルだった2019年度1年分の回収量とほぼ同量で、18年の西日本豪雨の195立方メートルを上回った。

 同事務所によると、7月7~16日のうち…

この記事は有料記事です。

残り199文字(全文367文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 潮流・深層 バイデン次期米大統領に立ちはだかる「穏やかな人たち」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです