メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すぐそこ世界ごはん

ルーマニア料理「夜詩部」 定番ポレンタで乾杯 /愛知

左下が「ポレンタ」。1450円のコースはこのほかスープや前菜、デザートなど計10品=岐阜市北島6で、太田敦子撮影

 店名の「夜詩部」は「ヤシベ」と読む。岐阜市の住宅街に2018年10月、オープンした。料理も接客もこなす店主は、ルーマニア出身のグロス・アンドラさん(41)。会社勤めをしながら開店資金をためたという。コルクや木片を配した温かみのあるインテリアはほとんどが手作り。「挑戦するには、やり直しのきく最後の年齢だと思って」と笑った。

 同僚たちに郷土料理をふるまうと「おいしい」と喜んでくれたが、ルーマニアといえば、独裁者で知られるチャウシェスク元大統領の名前ぐらいしか浮かばないのが残念だった。自慢の料理や文化を伝えたいと、母国の伝統に根付いた家庭料理を提供している。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 緊急事態宣言の非科学性

  3. 政府のワクチン調達に狂い 当面は「ファイザー頼み」 治験遅れで他社は春以降

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 核禁条約発効 廃絶に向け思考停止から脱しなければ 中満泉・国連事務次長

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです