メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

すぐそこ世界ごはん

ルーマニア料理「夜詩部」 定番ポレンタで乾杯 /愛知

左下が「ポレンタ」。1450円のコースはこのほかスープや前菜、デザートなど計10品=岐阜市北島6で、太田敦子撮影

 店名の「夜詩部」は「ヤシベ」と読む。岐阜市の住宅街に2018年10月、オープンした。料理も接客もこなす店主は、ルーマニア出身のグロス・アンドラさん(41)。会社勤めをしながら開店資金をためたという。コルクや木片を配した温かみのあるインテリアはほとんどが手作り。「挑戦するには、やり直しのきく最後の年齢だと思って」と笑った。

 同僚たちに郷土料理をふるまうと「おいしい」と喜んでくれたが、ルーマニアといえば、独裁者で知られるチャウシェスク元大統領の名前ぐらいしか浮かばないのが残念だった。自慢の料理や文化を伝えたいと、母国の伝統に根付いた家庭料理を提供している。

この記事は有料記事です。

残り598文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです