メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州豪雨 上毛町が職員派遣 大牟田市でり災証明業務 /福岡

坪根町長(手前)から激励を受ける派遣職員

 上毛町は九州豪雨で被災した大牟田市を支援するため、職員8人を派遣することにし、3日、庁舎内で激励会を開いた。

 期間は4日から10日までの7日間。各日とも2人が業務に就けるよう、女性2人を含む8人の職員を割り振って派遣する。主に市役所で住居の被害程度などの申請を受け付けるり災証明の窓口業務に携わる。…

この記事は有料記事です。

残り185文字(全文335文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです