メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JAL、937億円赤字 再上場以来最大 4~6月期

 日本航空(JAL)が3日発表した2020年4~6月期連結決算は、最終(当期)損益が937億円の赤字(前年同期は129億円の黒字)だった。四半期決算の赤字幅としては経営破綻後の12年に再上場して以来最大。新型コロナウイルスの感染拡大により、旅客収入が激減した。

 今回から国際会計基準(IFRS)を採用したため、単純な比較はできないが、最終損益の赤字額は経営破綻前の09年4~6月期の990億円に次ぐ規模になった。売上高は前年同期比78・1%減の763億円だった。旅客収入は国際線で97・9%減、国内線で85・1%減まで落ち込んだ。21年3月期の業績予想は航空需要の先行きが不透明なことから「未定」とした。

 足元の状況も厳しい。5月下旬の緊急事態宣言全面解除後、国内線は徐々に回復していたが、新型コロナの感染が再び拡大。7月30日には、本来はかき入れ時である8月1~17日の追加減便を発表し、当初計画の17%を減便することになった。8月1日には沖縄で県独自の緊急事態宣言が出され、予約キャンセルも相次いでいるという。国際線は9割の減便が続いている。

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文761文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 捜査員に知らされた姉の犠牲 「まさか路上生活とは」「理不尽」渋谷傷害致死

  2. 「桜」前夜祭 安倍前首相側、補塡か 会費上回る明細書 秘書ら任意聴取 東京地検

  3. 東京・渋谷女性傷害致死 事件前日「金あげるからどいて」 容疑者、断られ立腹 殴打の袋に石

  4. 政府、皇籍離脱の女性皇族に「皇女」の尊称検討 公務への協力委嘱

  5. 愛知・稲沢市長選 加藤氏が再選

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです