特集

九州豪雨

2020年6月、梅雨前線の影響で九州各地が記録的な大雨に見舞われました。被害や復興の状況を伝えます。

特集一覧

九州豪雨1カ月 明日が見えない 熊本・球磨村、住み続けたいが

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
柱やはりがむき出しになった自宅に立つ山口森義さん。近隣住民が集える場にリフォームする構想を描く=熊本県球磨村で2020年7月30日午前10時7分、津村豊和撮影
柱やはりがむき出しになった自宅に立つ山口森義さん。近隣住民が集える場にリフォームする構想を描く=熊本県球磨村で2020年7月30日午前10時7分、津村豊和撮影

 熊本県南部を中心に深い傷痕を残した豪雨災害の発生から4日で1カ月。複数の集落が球磨(くま)川の氾濫にのまれた熊本県球磨村では、被災した多くの人たちが自宅再建の道筋を描けないでいる。浸水した家の片付けなどに追われる体にのしかかる不安と疲労。この村で暮らしていけるのか。球磨川とともに生きてきた人たちの思いは揺れる。

 「ここが私の古里。出発点だから愛着がある」

この記事は有料記事です。

残り2677文字(全文2856文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集