国民・玉木氏、立憲との合流協議進展へ党首会談提案 枝野氏は否定的

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
玉木雄一郎氏=川田雅浩撮影
玉木雄一郎氏=川田雅浩撮影

 国民民主党の玉木雄一郎代表は4日の記者会見で、立憲民主党との合流協議が足踏みしていることを受け、「そろそろ代表間で政治的な決断をしていく時期だ」と述べ、局面打開に向けた党首会談を呼びかける考えを示した。一方、立憲の枝野幸男代表は同日の会見で、党首会談に否定的な考えを表明。両党内には合流協議の長期化を懸念する声が出始めている。

 幹事長間の合流協議は、党名の選考方法を巡って折り合えていない。玉木氏は会見で「党名は現時点で膠着(こうちゃく)した状況だ。代表同士で率直に、これからの野党のあり方を含めて真摯(しんし)に話し合いたい」と述べた。新型コロナウイルス対策や消費減税など政策分野も協議する考えを示し、「日本国民にとって(合流の)意義を一致させることが重要だ」と語った。

この記事は有料記事です。

残り237文字(全文574文字)

あわせて読みたい

注目の特集