メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スペイン前国王、国外に「移住」 金銭スキャンダルの渦中、王室批判回避か

スペイン前国王のフアン・カルロス1世=ルクセンブルクで2019年5月、ロイター共同

 スペイン王室は3日、前国王フアン・カルロス1世(82)が国外に移住する意思を長男の現国王フェリペ6世に伝えたと発表した。王室は、金銭スキャンダルの渦中にある前国王が王宮を離れて身を引く姿勢を示すことで国内の王室批判の高まりを抑えたい考えとみられる。行き先は明らかにしていない。同国公共放送によると前国王は既に出国した。

 スペイン検察当局は6月、サウジアラビアでの高速鉄道建設計画に絡み、前国王を捜査すると発表。報道によると2011年のスペイン企業の受注を巡る不正な金銭授受疑惑に関わった疑いがあるが、14年6月までの在位中は免責特権がある。

 また在位中にサウジの故アブドラ前国王から1億ドル(約106億円)を受け取り、6500万ドルを愛人に譲ったとも伝えられ…

この記事は有料記事です。

残り316文字(全文646文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  2. 「なぜ?なぜ?なぜ娘だったのか」 福岡・商業施設女性刺殺、被害者の母

  3. 「1日で49人の相手を…」 過酷な労働、波乱の人生赤裸々に 「からゆきさん」肉声テープ発見

  4. 飛行機マスク拒否 大学職員「容疑と事実違う」 捜査車両でも着用しなかった理由

  5. マスク拒否し緊急着陸させた大学職員逮捕 威力業務妨害などの疑い 大阪府警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです