メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

欧米の対中感情悪化 マスク外交「不発どころか逆効果」 大使の威圧的言動、香港政策…警戒強まる

新型コロナウイルス対策のため、中国からイタリアに送られたマスクなどの医療物資=2020年3月、新華社

 「中国のマスク外交は不発に終わり、しかも逆効果だった」。欧州の民間シンクタンク「欧州外交評議会(ECFR)」が7月20日発表のリポートでそう分析した。中国は新型コロナウイルスの震源地となった後、医療物資などの対外支援を通じて国際的なイメージの好転を目指すが、最近相次いで発表された欧米の世論調査は、中国が直面する逆風を浮き彫りにしている。

 中国は新型ウイルスの国内感染が沈静化した後、欧州を含む150カ国以上へマスクなどの医療物資を提供した。「マスク外交」と呼ばれ、国際貢献ぶりをアピールし、相手国との関係を強化する戦略だが、現状ではイメージアップにつながっていない。

この記事は有料記事です。

残り1424文字(全文1709文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道でコロナ感染増 「検査が増えたから当たり前」ではない理由

  2. 大阪都構想 反対が賛成上回る 9月上旬の前回調査から賛否逆転 世論調査

  3. アメリカを歩く 大統領選後も残る「トランプなるもの」 ある支持者が語った正しさへの憎しみ

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 学術会議への関心は「新政権のツッコミどころだから」 投稿炎上、西田亮介氏の真意は

  5. 前回世論調査に比べ反対比率が急増 都構想の行方、最終盤までもつれそう

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです