メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

TOKYOスイッチ

「これまで通り」無理なら分散開催模索を 乙武洋匡さん

東京オリンピック・パラリンピックについてインタビューに答える乙武洋匡さん=東京都新宿区で2020年7月24日、丸山博撮影

 新型コロナウイルスの感染が広がっているが、なんとかオリンピック・パラリンピックの開催を模索したい。ただし、これまで通りの形で開催するというのであれば、中止に傾かざるを得ない。もう少し柔軟に考えて、無観客試合や分散開催をぜひ模索してほしい。

 大会組織委員会のホームページには「史上最もイノベーティブな大会にする」とある。もちろん、ビジョンを掲げた時には今のような状況は想像できなかったと思うが、実際には過去に例がないことにチャレンジする絶好のチャンスとなったのではないか。

 分散開催は一つの案だ。具体的に大会規約がどうなっているのかにもよるし、東京五輪より先の話になるかもしれない。マラソンを札幌で開催するように国内で会場を分けてもいいし、競技ごとにいろんな国で開催してもいい。柔道は日本で野球は米国、なんていうふうに「発祥の地」などで開催してもいい。でもそれだと開催できない国も出てきてしまうから、固定せずに持ち回りにしてもいい。

この記事は有料記事です。

残り1133文字(全文1549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NY株反落525ドル安 米与野党協議難航に嫌気、1カ月半ぶり安値水準

  2. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  3. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  4. ミュージカル「刀剣乱舞」東京公演、関係者のコロナ感染で中止

  5. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです