特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

コロナ&インフル「同時流行を最大限警戒、今冬に備えを」 感染症学会が提言

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
(写真はイメージ)=ゲッティ
(写真はイメージ)=ゲッティ

 日本感染症学会(舘田一博理事長)は、今冬に新型コロナウイルス感染症とインフルエンザが同時に流行した場合に備えて、医療機関が取るべき対応をまとめた提言を公表した。発熱やせきなどの症状のみでインフルエンザと診断すると、症状の似ている新型コロナ患者を見逃す可能性があるため、新型コロナの流行地域ではこれらの症状のある患者全員に両方の検査を行うことが望ましいとした。

 提言では、新型コロナの地域ごとの流行状況について、2週間以内に都道府県内で新型コロナ患者が確認されていない「レベル1」から、医療機関の周辺地域で感染経路不明の患者が確認されている「レベル4」までの4段階に分類した。

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文682文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集