特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

抱っこもごっこ遊びもない保育園って…「3密」回避 コロナで変わるべきか、立ち止まるべきか

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
4歳児クラスのおやつの時間。換気に気を使い部屋の窓は開放され、エアコン、空気清浄機、扇風機が動いていた。保育士が「食べているときは口チャック」と伝えたところ、会話量は減ったという=横浜市旭区の私立認可保育園「横濱あんじゅ保育園」で2020年7月20日午後3時33分、和田武士撮影
4歳児クラスのおやつの時間。換気に気を使い部屋の窓は開放され、エアコン、空気清浄機、扇風機が動いていた。保育士が「食べているときは口チャック」と伝えたところ、会話量は減ったという=横浜市旭区の私立認可保育園「横濱あんじゅ保育園」で2020年7月20日午後3時33分、和田武士撮影

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、臨時休園や登園自粛要請が相次いだ保育園。緊急事態宣言の解除後は再開が進んだが、保育は抱っこやスキンシップなどを伴う「3密」(密閉、密集、密接)そのもので、関係者は感染防止に頭を悩ませる。現場からは「対策には限界がある」との声も上がる。

感染防止対策手探り 保護者への「情報開示」にも難しさ

 「感染対策は大丈夫でしょうか」

 7月20日、私立認可保育園「横濱あんじゅ保育園」(横浜市)で開かれた見学会。集まった十数人の保護者からは新型コロナウイルス対策に関わる質問が相次いだ。

この記事は有料記事です。

残り1830文字(全文2084文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集