特集

東京オリンピック

東京オリンピックに関する特集ページです。

特集一覧

オリパラこぼれ話

めざましい活躍 日本女性アスリート

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
2016年リオデジャネイロ大会のレスリング女子58キロ級決勝でロシアのコブロワゾロボワ選手(左)を破り、4連覇を達成した伊調馨選手=同年8月17日、和田大典撮影
2016年リオデジャネイロ大会のレスリング女子58キロ級決勝でロシアのコブロワゾロボワ選手(左)を破り、4連覇を達成した伊調馨選手=同年8月17日、和田大典撮影

 オリンピックでの日本の女性アスリートの活躍がめざましい。2004年アテネ大会から16年の前回リオデジャネイロ大会まで、金メダルの獲得数は4大会連続で男性を上回った。アテネ大会は16個のうち9個、08年北京大会が9個のうち5個、12年ロンドン大会が7個のうち4個、リオ大会が12個のうち7個を女性アスリートが手にした。複数個の金メダルは、00年シドニー大会の高橋尚子選手(マラソン)と田村亮子選手(柔道)まではなかったが、アテネ大会から大幅に伸びた。

 直近のリオ大会はレスリングで五輪4連覇を達成した女子58キロ級の伊調馨選手を筆頭に4階級で金メダル。バドミントンは日本勢で初めて女子ダブルスの高橋礼華(あやか)選手、松友美佐紀選手組が、また、柔道女子70キロ級の田知本遥選手と競泳女子200メートル平泳ぎの金藤理絵選手の7種目で金メダリストが生まれた。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1043文字)

【東京オリンピック】

時系列で見る

あわせて読みたい

注目の特集