メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

毎日リリース

ニュースサイトの有料記事が2カ月間月額100円で読める「デジタル毎日 夏得キャンペーン」 好評につき8月18日まで延長!(2020/8/4)

 株式会社毎日新聞社(東京都千代田区、代表取締役社長:丸山昌宏)はニュース配信サービス「デジタル毎日」( https://mainichi.jp/ ) で開催中の「スタンダードプラン」を最初の2カ月間月額100円(税別)で利用できる『夏得キャンペーン』を好評につき8月18日まで延長します。

デジタル毎日スタンダードプランとは

 ニュースサイトに掲載しているすべての有料記事や、世界中のビジネスリーダーたちが愛読するウォール・ストリート・ジャーナルが全て読める充実した基本プランです。紙面に掲載している社説や余録などの看板コーナーはもちろん、オピニオンやコラム、政治・経済・国際・サイエンスなどの記事や文化や生活に密着した情報、人気の連載小説や川柳、囲碁や将棋の棋譜中継や数独といった楽しめるコンテンツ、紙面では読めない政治・経済・医療に特化した記事や特集など、多彩で豊富なコンテンツを全て読むことができます。

 今回のキャンペーンは月額料金が通常初回100円(税別)、2カ月目から980円(税別)のところ、2カ月目も100円(税別)で購読いただけます。どうぞこの機会にぜひデジタル毎日をお試しください。

【デジタル毎日 夏得キャンペーン 概要】

開催期間:2020年6月10日(水)10時 ~ 2020年8月18日(火)18時  ※延長しました

対象者 :上記期間中に、スタンダードプラン「1カ月更新」を初めてご利用の方

割引内容:デジタル毎日スタンダードプラン「1カ月更新」の料金が、最初の2カ月間月額100円(税別)

※1カ月目、2カ月目:100円、3カ月目以降:通常料金 980円(月額・税別)

※12カ月コース、6カ月コースは通常価格(長期割引適用)となります。

※12カ月、6カ月コースの詳細はこちら。

https://mainichi.jp/info/plan/

キャンペーンURL

https://mainichi.jp/pr/digital/natsutoku2020/

デジタル毎日で公開中 書籍『公文書危機 闇に葬られた記録』

※好評につき8月18日まで公開延長決定!

 デジタル毎日で有料会員向けに期間限定で公開している「石橋湛山記念早稲田ジャーナリズム大賞」を受賞した話題の連載を書籍化した、毎日新聞出版発行の『公文書危機 闇に葬られた記録』も、好評につき8月18日まで公開を延長します。

話題の書籍をニュースサイトで全文お読みいただけるチャンス。是非この機会にご覧ください。

──「隠す」「残さない」「そもそもつくらない」。「森友・加計学園」や「桜を見る会」の問題で明らかになった、公文書の軽視。安倍政権によってエスカレートする民主主義崩壊の実態に迫った毎日新聞取材班の記録。

『公文書危機 闇に葬られた記録』期間限定で全文公開中!

https://mainichi.jp/kobunshokiki/

■本件に関するお問い合わせ

毎日新聞社デジタルメディア局

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです