メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ベイルートで爆発、78人死亡 爆発物保管庫 4000人けが

爆発現場から立ち上る煙=レバノン・ベイルートで4日、ロイター

 レバノンの首都ベイルートの港湾地区で4日午後6時ごろ(日本時間5日午前0時ごろ)、大規模な爆発が起きた。ロイター通信によると、同国政府は死者が78人に達し、約4000人が負傷したと明らかにした。がれきの下に多数の人々が閉じ込められており、救助活動が続いている。死傷者がさらに増える可能性がある。

 日本外務省によると、現地に住む日本人1人が軽傷を負った。

 爆発が起きたのは、爆発物を保管する倉庫。レバノンのアウン大統領はツイッターで「(爆薬の原料となる)硝酸アンモニウム2750トンが6年間にわたって、安全性を欠いたまま倉庫に保管されていた」と明かし、「この件に責任がある者は厳しく処罰される」と述べた。

この記事は有料記事です。

残り912文字(全文1214文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ODAでソロモン諸島に配備した防災連絡システム、約3年使われず 検査院指摘

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  5. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです