メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 ナシーム・ニコラス・タレブ著「反脆弱(ぜいじゃく)性―不確実な世界を生き延びる唯一の考え方」(ダイヤモンド社)は、予測不可能なコロナの時代に必要な能力は何かを、考える契機になる本だ。不規則な事象、予測不能な衝撃、変動性を味方につけて自己再生できる力を「反脆弱」と表現した。そのなかで旅と人生を重ねている箇所がある。いわく、スケジュールが決まっている観光しかしない観光客のような人生こそが、脆弱な人生だ、と。

 確かに旅そのものも、スケジュールが決まっている観光から得られるものは少ない。しかし「Go Toトラベル」で政府から35%や50%を補助してもらうには、旅行代理店などで旅行商品とやらを買わなくてはならない。この、自分以外の誰かが決めたスケジュールの組み合わせこそ近現代的な旅行であり、それは近現代的な人生観に対応しているのかもしれない。

この記事は有料記事です。

残り411文字(全文783文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. 石破氏動かした幹部の一言 2日徹夜して決断「これが俺の生き様」

  4. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです