メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

夏の楽しみ かき氷=片山由美子

 ハロハロ、ナムケンサイ、チェー。これが何のことか分かる人は、その方面のマニアといえるかもしれない。アイスカチャン、パッピンスはどうだろうか。それなら聞いたことがあるという人はいそうだ。

 いずれもアジアの夏向きスイーツの名前で、パッピンスといえば、かき氷の代名詞になっているほどである。数年前から日本では韓国と台湾のかき氷がブームとなり、東京のみならず、各地に専門店が増えている。

 かき氷はもちろん夏の季語。猛暑の日々に冷たいものを口にしたくなるのは今も昔も同じで、平安時代には貴族たちが「削り氷(ひ)」、つまりかき氷を口にしていたという。その氷はどこからもたらされたかというと、冬に天然氷を切り出し、山陰に穴を掘って貯蔵してあったもの。4月初めから9月末まで宮中に献上される慣(なら)わしで、保存する場所を氷室といった。

この記事は有料記事です。

残り896文字(全文1257文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  2. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  3. 特集ワイド 令和おじさん、パンケーキおじさん 「庶民派」菅首相の正体 中島岳志・東工大教授に聞く

  4. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

  5. データで見る将棋 王将戦リーグ 藤井王位が単独首位で挑戦する可能性は1万6000分の1?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです