メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山形大雨 最上川氾濫1週間 農作物被害2540ヘクタール 28市町村、出荷間近に打撃 /山形

浸水し廃棄することになったスイカを前に立ち尽くす芳賀さん=山形県大石田町豊田で

 最上川が氾濫するなどして、甚大な被害をもたらした大雨による農作物の被害面積は4日午前8時現在、少なくとも28市町村で、計約2540ヘクタールに及ぶことが、県のまとめで判明した。東京ドーム約540個分の面積に相当する広さ。同日で氾濫から1週間を迎えたが、収穫期を迎えていた農業県における被害の大きさを裏付けた形だ。【的野暁】

 「信じられない。9割以上が翌日に出荷する予定だった」。3カ所が氾濫した大石田町は、全国有数のスイカ産地の一つ。豊田地区のスイカ農家、芳賀哲雄さん(70)は、肩を落とした。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文920文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  2. 余録 かつて「長者番付」と呼ばれる高額納税者リストの注目された時代があった…

  3. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  4. 中村文則の書斎のつぶやき コロナから逃げる政権

  5. 行く手を阻むバス、バス… 60台で巨大迷路 コロナ禍逆手に「はとバス」企画

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです