連載

戦後75年

毎日新聞デジタルの「戦後75年」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

戦後75年

「わだつみ」資料常設展 無念、非情な戦争 塩山ゆかりの戦没学生、中村徳郎氏の日記や最後の手紙 /山梨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
山梨県甲州市中央公民館で常設展示されている中村徳郎氏の遺品=2020年7月14日、去石信一撮影
山梨県甲州市中央公民館で常設展示されている中村徳郎氏の遺品=2020年7月14日、去石信一撮影

何において生き甲斐を見いだすべきか。失われた青春。刻一刻時の流れは瞬時も憩いを知らぬ

 「日本戦没学生の手記 きけわだつみのこえ」に日記の一部などが収められている中村徳郎氏(1918~44年)について、遺品を展示する「わだつみ平和文庫常設展示」が甲州市中央公民館で7月始まった。戦争や全体主義、精神主義の不合理を主張しながら、時代にのみ込まれた無念な心情が読み取れる。戦後75年。改めて非情な戦争を問い直している。【去石信一】

 並んでいるのは、小さいころから入隊中までの日記、両親に宛てた最後の手紙、死亡告知書、各時代の写真など。これら47点は同市の指定文化財になっている。

この記事は有料記事です。

残り1759文字(全文2045文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集