新型コロナ 病床、400床に拡大へ 軽症患者、宿泊施設移送も /和歌山

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
首都圏や大阪での会食の自粛などを改めて県民に呼び掛ける仁坂吉伸知事=和歌山県庁で、新宮達撮影
首都圏や大阪での会食の自粛などを改めて県民に呼び掛ける仁坂吉伸知事=和歌山県庁で、新宮達撮影

 新型コロナウイルスの感染者が増加している状況を受け、仁坂吉伸知事は4日、入院患者向け病床数を最大177床から、状況に応じて400床まで増やす考えを明らかにした。定例記者会見で話した。確保のめどが立ったという。現在は165床で運用している。【新宮達】

 また、400床が必要となる危機的な状況になった場合、新たな患者に病床を充てるため、退院を控えた無症状者や軽症者を宿泊施設に移す考えも明かした。仁坂知事は「他県ではまずホテルに入れるところもあ…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文554文字)

あわせて読みたい

注目の特集