メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成筑豊鉄道直方駅 待合スペース新装 柱塗り替えや床タイル張り /福岡

新しくなった平成筑豊鉄道直方駅の待合スペース

 直方市の平成筑豊鉄道直方駅で、待合スペースがリニューアルされた。河合賢一社長は「待ち時間を少しでも快適に過ごしていただければ」としている。

 待合スペースは約20平方メートル。駅前広場などとの調和を考慮し、柱を焦げ茶色に塗り替えた。床は和モダン調タイルを敷き詰めている。

 新たに2脚置いたベンチは、同鉄道のレス…

この記事は有料記事です。

残り197文字(全文352文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍政権が残したもの 私たちが大事「彼ら」は攻撃 オウム真理教報じた江川紹子さんが読む「カルト化社会」

  2. 「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で逮捕 埼玉県警

  3. 「もうええわ」ふるさと納税返礼品業者の叫び 指定取り消しの高知・奈半利町

  4. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

  5. 菅新政権に“本筋の改革”を期待

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです