メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

絵本においで!

世界を見つめる夏 せんそうがやってきた日/ステラとカモメとプラスチック /福岡

せんそうがやってきた日

 平和を思う8月。戦後75年の夏に日本で起きたこと、世界の戦争の悲劇を風化させずに伝えていきます。

 そんな中で出会った新刊が「せんそうがやってきた日」。2016年春、英国で難民の孤児が避難所から受け入れを拒否されるという出来事がありました。本は同じ頃に作者が書いた、難民の女の子のエピソードに基づく詩から生まれました。女の子は「座る椅子がない」との理由で、学校の入学を断られたといいます。作者の詩がウェブサイトに発表されると、誰も座っていない椅子の画像の投稿が世界中から次々に寄せられたのです。椅子は受け入れの証なのです。

 「せんそうを押し返しながら一歩一歩すすむ」。平和で安心して暮らせる世界を次の世代に手渡すため、私たちが声を出すことが大切です。

この記事は有料記事です。

残り419文字(全文744文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「欅坂46」から「櫻坂46」に 新グループ名発表

  2. 五輪招致疑惑、IOC委員側に3700万円 コンサル口座から

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  5. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです