連載

論点

ニュースをそれぞれ立場を異にする専門家や識者らが意見を交わします。

連載一覧

論点

新型コロナ 文化芸術の変容

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 収束の気配が一向に見えない新型コロナウイルスの感染拡大。先行きが見通せないなか、文化や芸術にかかわる人たちはどう向き合い、そして何を考えるのか。また、コロナ禍が作品や表現にどのような影響を与え、今後いかなる変化をもたらすのか。文学や演劇、美術の各界で活躍する3人が読み解く。

「そのあと」にも忘れぬために 高橋源一郎・作家

 「新型コロナウイルス」の流行の後で、どんな小説が、もしくは文学が書かれるのか。あるいは、書かれるべきなのか。予言者ではないので、もちろん、わたしにはわからないし、「書かれるべき作品」などというものがあるのかもわからない。ただ、多くの作家たちが、「いま、そのとき」にか「そのあと」で、自分がどんな作品を書くのか、深く考えていることだけは間ちがいないように思う。

この記事は有料記事です。

残り4178文字(全文4519文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集