メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外はやぶさ2、地球に帰還 豪砂漠でカプセル回収
論点

新型コロナ 文化芸術の変容

 収束の気配が一向に見えない新型コロナウイルスの感染拡大。先行きが見通せないなか、文化や芸術にかかわる人たちはどう向き合い、そして何を考えるのか。また、コロナ禍が作品や表現にどのような影響を与え、今後いかなる変化をもたらすのか。文学や演劇、美術の各界で活躍する3人が読み解く。

「そのあと」にも忘れぬために 高橋源一郎・作家

 「新型コロナウイルス」の流行の後で、どんな小説が、もしくは文学が書かれるのか。あるいは、書かれるべきなのか。予言者ではないので、もちろん、わたしにはわからないし、「書かれるべき作品」などというものがあるのかもわからない。ただ、多くの作家たちが、「いま、そのとき」にか「そのあと」で、自分がどんな作品を書くのか、深く考えていることだけは間ちがいないように思う。

この記事は有料記事です。

残り4178文字(全文4519文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. はやぶさ2カプセルを発見 JAXA、豪の砂漠で 地球帰還

  2. はやぶさ2、カプセル地球帰還 大気圏突入、豪に着地 JAXA回収へ

  3. はやぶさ2が地球に持ち帰る「お宝」 回収のシナリオとは

  4. 米大統領選「不正ある」 トランプ氏勝利を叫ぶ日本人識者たちの論理

  5. 間もなく帰還「はやぶさ2」 持ち帰る岩石は検疫しなくても大丈夫?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです