連載

感染症と闘う

病原体が体に侵入し、人の生命すら脅かす感染症。人類の脅威となった新型コロナウイルスを特集します。

連載一覧

感染症と闘う

新型コロナ 夏を乗り切るマスクの工夫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
「夏用」をうたうマスクが各社から販売されている
「夏用」をうたうマスクが各社から販売されている

 例年以上に長かった梅雨が明け、本格的な夏が到来した。しかし、新型コロナウイルスの感染は拡大の一途をたどっている。夏の暑さに負けない効果的な感染症対策とは?

 ●布マスクの効果は

 「通気性抜群」「冷感素材」――。最近、「夏用」をうたうマスクが販売されている。一般的な使い捨てマスクが不織布製なのに対し、これらの夏用マスクはポリエステルなどで織られた布マスクだ。布マスクの中には「このマスクはウイルス対策には向きません」や「ウイルス防止の検査はしていません」といった表示のあるものもある。不織布マスクと性能は違うのか。

 大気中の微粒子の研究をしている慶応大の奥田知明教授は、それぞれのマスクが微粒子を捕らえる効率を調べる実験をして、その動画をネット上で公開している。布マスクには政府が配布した「アベノマスク」を使った。不織布マスクでは、ウイルスの大きさに近い直径0・3~1マイクロメートルの粒子と、より大きい1~10マイクロメートルの粒子のいずれも90%以上を捕らえたが、布マスクは30%以下だった。

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1449文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る

ニュース特集