メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

感染症と闘う

新型コロナ 夏を乗り切るマスクの工夫

「夏用」をうたうマスクが各社から販売されている

 例年以上に長かった梅雨が明け、本格的な夏が到来した。しかし、新型コロナウイルスの感染は拡大の一途をたどっている。夏の暑さに負けない効果的な感染症対策とは?

 ●布マスクの効果は

 「通気性抜群」「冷感素材」――。最近、「夏用」をうたうマスクが販売されている。一般的な使い捨てマスクが不織布製なのに対し、これらの夏用マスクはポリエステルなどで織られた布マスクだ。布マスクの中には「このマスクはウイルス対策には向きません」や「ウイルス防止の検査はしていません」といった表示のあるものもある。不織布マスクと性能は違うのか。

 大気中の微粒子の研究をしている慶応大の奥田知明教授は、それぞれのマスクが微粒子を捕らえる効率を調べる実験をして、その動画をネット上で公開している。布マスクには政府が配布した「アベノマスク」を使った。不織布マスクでは、ウイルスの大きさに近い直径0・3~1マイクロメートルの粒子と、より大きい1~10マイクロメートルの粒子のいずれも90%以上を捕らえたが、布マスクは30%以下だった。

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最下位おかしい」魅力度ランキングで栃木県 11月知事選の争点に

  2. 「第5のがん治療」光免疫療法 世界に先がけ承認 期待と課題は

  3. #排除する政治~学術会議問題を考える 「だんまり決め込むなら、学術会議はなくなったらいい」木村幹教授の痛烈投稿 その真意は

  4. 保守派バレット氏連邦最高裁判事指名で米国は変わるのか 揺らぐオバマケア、中絶の権利

  5. バイデン氏にリード許すトランプ氏に勝ち目がある理由とは 負けても粘る「蜃気楼」宣言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです