NY株、一時2万7000ドル回復 コロナワクチン期待で買い先行

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 5日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅が一時270ドルを超え、2万7000ドルを回復した。新型コロナウイルスのワクチン開発への期待が高まり、買いが先行した。

 午前10時現在は前日比276・06ドル高の2万7104・53ドル。ハイテク株主体のナスダック総合…

この記事は有料記事です。

残り55文字(全文205文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集