メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米新型宇宙船「訓練通り。驚きなかった」 帰還の宇宙飛行士が会見

記者会見するNASAのロバート・ベンケン(左)、ダグラス・ハーリー両飛行士=4日、NASAテレビから・共同

 米スペースXの新型宇宙船クルードラゴンで国際宇宙ステーションから2日に地球に帰還した米航空宇宙局(NASA)の飛行士2人が4日、記者会見した。ロバート・ベンケン飛行士(50)は「大気圏に入ると低い音が聞こえ、(うなっている)動物の体内にいるようだったが、快適だった。海に着水し、とてもほっとした」と感想を述べた。

 ベンケン飛行士によると、着水前のパラシュートの展開時には「座席の背をバットで殴られるような衝撃を感じた」という。ダグラス・ハーリー飛行士(53)は「(訓練の)シミュレーター通りに進み、驚きはなかった。安定した着水だった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文449文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  3. 「かみさまのばか」祖母を奪った阪神大震災 小2で被災した34歳男性が今祈ること

  4. 「首相にふさわしい人」河野氏トップ 菅首相は3位に転落 毎日新聞世論調査

  5. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです