核兵器への世界の見方 反対の声多いが… 各国世論調査を読み込んだ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
プラカードを掲げ、核兵器禁止条約の早期発効を訴える集会参加者=広島市中区の原爆ドーム前で2020年7月4日午前10時31分、中島昭浩撮影
プラカードを掲げ、核兵器禁止条約の早期発効を訴える集会参加者=広島市中区の原爆ドーム前で2020年7月4日午前10時31分、中島昭浩撮影

 広島、長崎への米国による原爆投下から75年の節目を迎える。推定約1万3000発の核兵器が米国やロシアを中心に残る中、その存在を世界の人々はどう受け止めているのか。各国で近年行われた調査などによると、廃絶を支持する声は少なくない。一方で、世界最大級の核兵器国である米国などでは維持論も根強く、「核兵器なき世界」実現への道のりの遠さも示唆している。主な調査を読み込んでみた。【和田浩明/統合デジタル取材センター】

国単位では世界の3分の2が核兵器禁止条約に賛意 日本などは非支持

 全世界を網羅した核兵器に関する世論調査は近年では見当たらない。そこで、核兵器の開発、実験、製造、保有や配備、使用、移転などを禁じる核兵器禁止条約(未発効)に対する国ごとの立場を調べてみた。

 同条約への各国の対応状況をチェックしているノルウェーの非政府団体「NPA」などによると、同条約の批准・署名…

この記事は有料記事です。

残り3258文字(全文3644文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集