メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フィリピン「フェースシールド」義務化 公共交通機関利用で マスク着用も

 検疫チェックポイントで、フェースシールドをつけて通行者の検温をする地元警察官=5日、マニラ首都圏ケソン市(ロイター=共同)

 フィリピン運輸省は5日、新型コロナウイルスの感染拡大防止策として国内全土で15日から、電車やバス、航空機などの公共交通機関を利用する際、フェースシールドの装着を義務付けると発表した。マスク着用も求める。

 首都マニラや近隣州では公共交通機関が運休しているため、運行が再開する見通しの19日から適用する…

この記事は有料記事です。

残り91文字(全文241文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ジャパンライフに8000万円投じた女性 「安倍首相らが広告塔なので信用」

  2. 大阪で新たに60人が感染、2人死亡 新型コロナ

  3. 大坂なおみ選手起用「かわいさ」狙った広告に集まった批判 その背景は

  4. 自民・高鳥衆院議員が新型コロナに感染 国会議員で初

  5. 追跡 ジャパンライフに全財産投資 「どう生きていけば」 被害拡大防止「早く捜査を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです