メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

山形花笠まつり中止でも…コロナ収束願い前夜祭 「来年たくさん踊って」

新型コロナの収束や来年の祭りの成功を祈願し、松明に火をともす参加者=山形市下宝沢の蔵王大権現で2020年8月4日午前11時23分、渡辺薫撮影

 山形花笠まつりの前夜祭が4日、山形市下宝沢の蔵王大権現で開かれ、県花笠協議会など関係者20人が参加した。祭り自体は新型コロナウイルスの影響で中止だが、疫病の収束と来年の成功を祈願するため実施した。

 前夜祭は例年、花笠まつりの前日に、祭りの安全を祈願して行われ、今年は感染予防のため、規模を縮小して実…

この記事は有料記事です。

残り119文字(全文269文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 余録 「いやだいやだよ…

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 「そのお金を医療に回せ!」 コロナ政策「暴走」を漫画でバッサリ 作者の思い

  5. 「断じて受け入れられない」茂木外相が談話 韓国の元慰安婦訴訟判決確定に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです