「問題は公金の使い道」あいちトリエンナーレ負担金訴訟、名古屋市側争う姿勢

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
名古屋市役所=鮫島弘樹撮影
名古屋市役所=鮫島弘樹撮影

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」を巡り、愛知県の大村秀章知事が会長を務める実行委員会が、名古屋市に未払いの負担金約3380万円を支払うよう求めた訴訟の第1回口頭弁論が5日、名古屋地裁(岩井直幸裁判長)で開かれた。市側は争う姿勢を示し、訴えを退けるよう求めた。

 芸術祭では、企画展「表現の不自由展・その後」で、従軍慰安婦を象徴する少女像や昭和天皇をモチーフとした映像作品…

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文477文字)

あわせて読みたい

注目の特集