買い物不便な中山間地に「空飛ぶデリバリー」 長野・伊那市でドローン配達始まる

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 長野県伊那市は5日、スーパーなどが遠く買い物が不便な中山間地に住む高齢者らを支援しようと、ドローンを使った配達サービスを一部地域で始めた。地元ケーブルテレビの注文画面でリモコンを操作して、欲しい物を選択すれば、ドローンが最寄りの公民館まで配送してくれる。自治体主導の「空飛ぶデリバリー」は国内初とみられる。【坂根真理】

 伊那市は2018年からKDDI(東京)との共同で、ドローンによる商品配達の実証実験を重ねてきた。サービスを「ゆうあいマーケット」と名付けて5日に本格導入した。対象は伊那市長谷4地区の約430世帯で、今後も配達エリアを拡大していくという。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文829文字)

あわせて読みたい

注目の特集