メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

買い物不便な中山間地に「空飛ぶデリバリー」 長野・伊那市でドローン配達始まる

 長野県伊那市は5日、スーパーなどが遠く買い物が不便な中山間地に住む高齢者らを支援しようと、ドローンを使った配達サービスを一部地域で始めた。地元ケーブルテレビの注文画面でリモコンを操作して、欲しい物を選択すれば、ドローンが最寄りの公民館まで配送してくれる。自治体主導の「空飛ぶデリバリー」は国内初とみられる。【坂根真理】

 伊那市は2018年からKDDI(東京)との共同で、ドローンによる商品配達の実証実験を重ねてきた。サービスを「ゆうあいマーケット」と名付けて5日に本格導入した。対象は伊那市長谷4地区の約430世帯で、今後も配達エリアを拡大していくという。

この記事は有料記事です。

残り550文字(全文829文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『きかんしゃトーマス』日本から来た新キャラ“ケンジ”登場 劇場版新作、21年春公開

  2. 複数選手が脱水症状 プリンセス駅伝でアクシデントが相次ぐ理由とは

  3. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』もはや“日本経済の柱”と話題 映画は歴代1位発進、東宝株価が高値更新…企業コラボも恩恵続々

  4. 菅首相は「反知性主義」なのか 任命拒否問題で神学者・森本あんりさんが抱く違和感

  5. 学生陸上で性的書き込み ライブ配信のメッセージに 競技連合「侮辱行為だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです