メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

秋元議員の弁護士との面会、贈賄側に要請 何者かが2容疑者に指示か IR汚職偽証依頼

事件の主な構図

 衆院議員の秋元司被告(48)が収賄罪で起訴されたカジノを含む統合型リゾート(IR)事業への参入を巡る汚職事件に絡み、組織犯罪処罰法違反(証人等買収)容疑で逮捕された会社役員の佐藤文彦容疑者(50)が、虚偽証言を持ちかけた贈賄側の被告に、秋元議員の弁護人を交えた打ち合わせを要請していたことが、関係者への取材で判明した。宮武和寛容疑者(49)も似た提案をしており、いずれも何者かから指示を受けてこうした要請をした可能性がある。

 中国企業「500ドットコム」元顧問の紺野昌彦(48)と仲里勝憲(48)の両被告=いずれも贈賄罪で起訴、保釈中=は2017年9月28日、議員会館で秋元議員に賄賂として現金300万円を渡したとされ、起訴内容を認めている。東京地検特捜部などによると、佐藤、宮武両容疑者はそれぞれ、紺野、仲里両被告に、「授受があった日は秋元議員に会っていない」との虚偽証言を依頼したとされる。

この記事は有料記事です。

残り560文字(全文958文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  2. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです