新十両・錦富士「上を目指す」 けが続きの4年「周りの人の支えで」 秋場所番付編成

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新十両が決まり、オンラインで記者会見した錦富士(右)と師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)=東京都内で2020年8月5日
新十両が決まり、オンラインで記者会見した錦富士(右)と師匠の伊勢ケ浜親方(元横綱・旭富士)=東京都内で2020年8月5日

 日本相撲協会は5日、大相撲秋場所(9月13日初日、東京・両国国技館)の番付編成会議を両国国技館で開き、王輝(24)=錣山部屋=と錦富士(24)=伊勢ケ浜部屋=の十両昇進が決まった。

 再十両は、7月場所で幕下優勝した千代の国(30)=九重部屋=と北磻磨(34)=山響部屋=の幕内経験者2人だった。

 また、年寄「井筒」を襲名した元関脇・豊ノ島、「清見潟」襲名の元関脇・栃煌山、「荒汐」襲名の元前頭・蒼国来と、新型コロナウイルスに感染して亡くなった三段目・勝武士を含む25人の引退力士も発表された。【村社拓信】

この記事は有料記事です。

残り431文字(全文684文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集