メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

#最後の1年

「動画」の中で頂に達した女子空手家 ネガティブ卒業、世界へ

中学2年でパナソニックのCMに出演した堀場早耶=パナソニック提供

 緩急織り交ぜて拳を繰り出す姿が映し出されていた。新型コロナウイルスの影響で全国高校総合体育大会(インターハイ)が中止となり、代わりに開かれた「全国高校空手道 形インターネットGP(グランプリ)」は感染防止のため演武の動画を送り、審査を受ける形式がとられた。「絶対に失敗しない」少女時代から一転、高校では足踏みした御殿場西高(静岡県御殿場市)空手部3年、堀場早耶(はや、18歳)の集大成の舞台は「動画」での出場となった。

この記事は有料記事です。

残り1861文字(全文2071文字)

松本晃

毎日新聞東京本社運動部。1981年、神奈川県生まれ。住宅メーカーの営業を経て、2009年入社。宇都宮支局、政治部を経て16年10月から現職。柔道、空手などを担当。文学部心理学科だった大学の卒論は「電車の座席位置と降りる早さの相関関係」。通勤に一時間半の今に生きているような、いないような。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS つんく♂×ソニン、17年ぶり再タッグ 「カレーライスの女」続編

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. ファクトチェック 愛知県知事リコール運動 「署名受任者の住所氏名が公報で公開される」はミスリード

  4. 山口組分裂5年 特定抗争指定の効果じわり 一部で脱退の動きも

  5. ファクトチェック 菅首相発言「Go Toトラベルでの感染者7人」はミスリード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです