メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キングカズ闘志前面 スタジアム沸かせた63分間 ゴールへの嗅覚まだまだ健在

前半、シュートを外して苦笑いする横浜FCの三浦=駅前不動産スタジアムで2020年8月5日

 今季初めてメンバー入りした横浜FCのFW三浦が先発し、DF土屋征夫(当時甲府)が持つ42歳10カ月のリーグカップ戦の最年長出場記録を大幅に更新し、53歳5カ月10日での出場を果たした。三浦は前半30分に右クロスを頭で合わせてスタジアムを沸かせた。

 一つのプレーで空気を変えられるのは「キングカズ」だからこそ。下平監督も「カズさんのパフォーマンスには感謝している」と賛辞を贈った。53歳とは思えぬゴール前での嗅覚で、横浜FCのFW三浦は自らの健在ぶりを示した。

 約8カ月半ぶりとなった公式戦のピッチ。キャプテンマークを巻き、2トップの一角として出場すると、スタートからエンジン全開だった。試合開始早々、左サイドでボールを持つ鳥栖選手にスライディング。「チーム全員に戦う気持ちを見せたかった」と、闘志を見せた。

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文659文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡村隆史さんが結婚 相手は一般の30代女性

  2. 鳥取県教委、部活遠征で教員83人処分 生徒をマイカーに 実態に合わずの声も

  3. ORICON NEWS 岡村隆史、10年来の友人と結婚 決め手は「ここ半年くらい本当に支えてもらった」

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える あそこは左翼の巣窟だけど… 反学術会議派・小林節氏が首相を糾弾する理由

  5. 「幻のヘビ」シロマダラ、民家で鉢の下から見つかる 千葉・柏

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです