メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうすれば安全安心

妊娠中、心がけたいコロナ対策

 新型コロナウイルス感染症を巡り、厚生労働省はこのほど、妊婦に向けた予防対策をまとめた。厚労省によると、現時点では、妊娠後期にコロナ感染しても、経過や重症度は妊娠していない人と変わらないとしている。また、海外では胎児の感染例が報告されているが、死産や流産が起こりやすくなるといった報告はないという。

 厚労省がまとめた注意事項は以下の通り(ホームページより抜粋)。

(1)感染予防 一般的には、妊婦が肺炎にかかった場合は重症化する可能性がある。人ごみを避ける、こまめに手洗いをする――などの日ごろの健康管理を徹底する。「3密(密閉、密集、密接)」が重なるような場所も避ける。

この記事は有料記事です。

残り222文字(全文507文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビー元日本代表、湯原祐希さん死去 36歳 トレーニング中倒れ

  2. 香取慎吾さん、民放連続ドラマ主演 SMAP解散後初 SNS「指殺人」巡る刑事もの

  3. 岸田氏、古賀氏と決別決意? 派閥パーティー招待せず 総裁選対応に不満

  4. 東証、システム障害で全銘柄の取引停止

  5. 「サカキバラとは違う。必要に迫られて」 座間事件9人殺害・白石被告一問一答(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです