メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

棋界新時代

反省が一番難しい 囲碁 王銘琬九段

王銘琬九段

 「反省だけなら猿でもできる」が流行(はや)ったのはいつでしたか、反省は簡単で、実行に移すところが難しい、と誰もが思うところです。しかしながら、私は「反省」することさえ大変難しく感じています。そしてどのように反省するかが、プロ棋士にとっての勝負どころだと思っています。

 ここのところメディアを通じて、将棋の「感想戦」をご覧になった方は多いのではないでしょうか。囲碁も「局後の検討」として行われ、言ってみれば対局者の「反省会」になります。一つの作法ではありますが、何よりも対局者にとって、敗因や悪かったところをどうすればよかったか、すぐ解明したいのが本能だからです。対局の反省は局後に限らず、数日続くことも普通です。プロ棋士は反省が好きで、得意分野とさえ言えるかもしれません。

 では反省のどこが難しいかと言いますと、囲碁は単純なミスをした時以外、敗因がはっきり分からないことが多いのです。一局が長く、反省するポイントが漠然としています。はっきり負けにしたところか、苦しくしたところか、もしくはもっと前に原因があるかもしれない。作戦に問題があったのか、それとも作戦を貫徹できなかったのか、堂々巡りになることもよくあります。

この記事は有料記事です。

残り402文字(全文911文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ガス吸う遊び中にボンベ爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

  2. 史上最大級の「ペヤング超超超超超超大盛やきそばペタマックス」発売へ 通常の約7.3倍 まるか食品

  3. 網戸のひもで6歳死亡 両親、アルミ建材大手を提訴 「欠陥で首に絡まり」

  4. 大阪のコロナ感染、新たに142人 クラスター相次ぎ増加か 8月中旬並みの多さ

  5. ORICON NEWS 映画『鬼滅の刃』興収300億円に向けファン団結「煉獄さんを300億の男に」 『コナン』に似た運動

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです