メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人工ふ化でライチョウ8羽誕生 ファミリーパーク 富山 /富山

ふ化したニホンライチョウのヒナ=富山市ファミリーパーク提供

 富山市ファミリーパーク(同市古沢)は5日、孵卵(ふらん)器で温めていた国の特別天然記念物、ニホンライチョウの卵が4~5日に計8羽ふ化したと発表した。母鳥が産卵後9日目に抱卵を放棄したため、人工ふ化に切り替えていた。

 ふ化したのは1歳の雌が6月から7月にかけて産卵した11個のうちの8個。体長約6・5…

この記事は有料記事です。

残り160文字(全文310文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ヘルパーからコロナ感染し死亡」 82歳女性の遺族が介護事業所を提訴 広島

  2. 石原さとみさん結婚へ 会社員男性と「どんな困難も乗り越えていける」

  3. フランス料理のシェフ、関根拓さん死去 39歳

  4. 「前例ない決定、菅首相がなぜしたかが問題」学術会議任命外された加藤陽子氏コメント

  5. ORICON NEWS 江頭2:50、大川興業を退社 公式サイトで報告「ありがとうございました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです