メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

戦後75年

レイテ島で戦死 愛知・犬山出身、和泉さん 日章旗、遺族の元に 「うれしい、大切にしたい」 /岐阜

愛知県遺族連合会の柴田義継会長から日章旗を受け取った和泉敬也さん(中央)と則男さんの遺影を持つ芳子さん=愛知県犬山市役所で2020年8月4日、川瀬慎一朗撮影

 太平洋戦争中の1944年、フィリピン・レイテ島で25歳の時に戦死した愛知県犬山市出身、和泉則男さんの遺品とされる日章旗(縦約70センチ、横約85センチ)が4日、アメリカから76年の歳月を経て遺族の元に返還された。則男さんの兄の孫にあたる敬也さん(60)=同市=が市役所で受け取った。

 県遺族連合会によると、旧日本陸軍の軍曹だった則男さんは40年に召集され、独立歩兵第11連隊に所属していた。44年12月10日レイテ島アルベラで…

この記事は有料記事です。

残り321文字(全文535文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元TOKIO山口達也容疑者を現行犯逮捕 酒気帯びでバイク運転の疑い

  2. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと

  5. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです