メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

安心はどこに

京丹後・米軍基地 在日米陸軍に緊急要請 市長「感染防止徹底を」 /京都

「米軍に円滑な情報提供を求める」と話す府丹後広域振興局の中本晴夫局長(左)=京都府京丹後市峰山町で、塩田敏夫撮影

 米軍経ケ岬通信所(京丹後市丹後町)の軍人・軍属らが相次いで新型コロナウイルスに感染している問題で、中山泰市長は4日、在日米陸軍のビエット・ルオン司令官宛てに、住民の感染防止を徹底するための措置を取るよう緊急要請文を出した。【塩田敏夫】

 同基地関連の感染者は5日午後5時現在、軍人3人、軍属7人、日本人女性2人の計12人。

 緊急要請書によると、早期警戒レーダー「Xバンドレーダー」を配備した経ケ岬通信所は、基地内に居住・生活関連施設がある沖縄などの米軍基地とは異なり、米軍関係者全員が基地外の民間施設に居住している。京丹後市内で一般住民と生活空間、活動を共にしているため、このままでは周辺住民の感染予防、感染拡大に対する不安が広がらざるをえないと指摘している。

この記事は有料記事です。

残り950文字(全文1280文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安倍氏が支援した育鵬社教科書の採択が激減した理由 菅首相は…

  2. 昨季王者・中大が東洋大に勝利 東都大学野球秋季リーグ開幕

  3. 安倍政権が残したもの 解散総選挙乱発 「内交」になった外遊 姜尚中さん「支持率のための外交ショー」

  4. オーストラリア・モリソン首相 11月にも訪日 中国けん制と地元紙報道

  5. 検証プラス・新型コロナ 遅い政策、消えた「味」 コロナ倒産500件、中小企業に打撃

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです